MENU

坂本勇人がクビにならない理由は独身だから?ロッテ清田との違いを解説!

記者会見のマイク

2022年9月10日、読売ジャイアンツの坂本勇人選手が、妊娠させた女性(A子さん)に中絶強要した音声を文春オンラインが公表しました。2人のLINEのやりとりも明かされ、A子さんが「痛い」「苦しい」と嫌がる行為を坂本選手が強引に迫ったり、妊娠したA子さんには避妊が不要で好都合という趣旨の発言を坂本選手がしていたことが報じられました。

衝撃的な報道のその日も坂本選手は試合に出場し、ネット上では坂本選手の処分を望む声が多いようです。今回は、坂本選手がA子さんとの過激なやりとりが公表されても巨人をクビにならない理由を調査しました。

スポンサーリンク
目次

【文春砲】坂本勇人が中絶を要求する音声公開

坂本勇人がA子に中絶強要

坂本選手と関係を持った女性(A子さん)の親友が週刊文春に情報提供したことで、2人の関係性が報じられました。こちらが週刊文春の公開した、坂本選手とA子さんの会話とされる音声です。LINEのやりとりも公開され、FA宣言ならぬ「AF宣言」がTwitterのトレンド入りする事態に…

今回A子さんの親友とされる女性から暴露された内容をまとめました。

・A子と坂本は2年以上前に飲み会で知り合い、正式に付き合ってはいなかった
・坂本に正式な彼女ができてから、A子に対する態度が冷たくなり性的な要求がエスカレート

・坂本はA子が約束時間に遅れた罰としてA子が「痛い」と嫌がる行為をLINEで要求
(「ケツアナ確定な」の語感が良いとバズる)
・坂本は避妊せず、A子にはいつもアフターピルを飲ませていた

・A子が妊娠し「好きな人の子供だしちょっと嬉しかったけど」と言うと坂本は「いやーきついな…」「おろすならおろすでやったら早い方がいいやろ?」と返事
・複数の女性と関係を持っていた坂本が性病に感染した際、A子のせいだと責めた
・坂本が妊娠したA子に「中〇しし放題だもん、薬すら飲まなくていいんちゃう」と発言

A子さんはエスカレートする坂本選手の要求を強く拒否せず受け入れていた部分も多く、中絶に関する非情な言葉を受けて鬱病を患い自殺未遂に至りました。

なおA子さんが実際に妊娠、中絶をしたのかどうか、週刊文春がA子さんに電話で問い合わせた際は「すみません、私がお話しできることはありません」という回答だったそうです。

A子さんと坂本選手の間では弁護士を通じて示談が成立しています。当事者間で問題が収束した後に、A子さんの親友が週刊文春に情報提供して、2人のプライベートなやりとりが公開されてしまったようです。

坂本選手は文春砲当日も試合出場

坂本選手は、A子さんとの過去のやりとりが文春オンラインで公開された当日にも東京ドームで中日ドラゴンズとの試合に出場していました。

坂本選手の非情な対応にネット上では「クビにすべきだ」という声が上がっていますが、文春砲当日でさえ普通に試合に出場していた坂本選手、どうして処分を受けないのでしょうか。その理由は坂本選手が独身を貫く背景と関係がありそうです。

スポンサーリンク

坂本勇人がクビにならない理由は独身だから

坂本勇人は独身

坂本選手は文春砲で「ケツアナ確定」をトレンド入りさせた2022年9月の時点で33歳、独身です。

A子さんが〇フレだったとしても、A子さんの他に複数の女性と同時に交際していたとしても、世間に「ゲスいな~…」と思われてしまうだけで不貞行為には当たらず、社会的責任を問われることもありませんので、球団は坂本選手をクビにする明確な理由が無かったと考えられます。

ツッコミどころはあれど…

当事者間の示談は成立

坂本選手からA子さんへの中絶強要が発覚したのは、A子さんの親友が文春に情報提供したことがきっかけでした。文春オンラインの記事によると、当事者間での示談は成立しています。

坂本の所属する読売ジャイアンツに、A子さんへの扱いや妊娠中絶トラブルについての事実確認を行ったところ、以下のような回答があった。

「その女性の方には、坂本本人が『申し訳ない』とお詫びを伝えたうえ、互いの代理人弁護士を通じて●年●月(編集部注:A子さんのプライバシーを鑑み、具体的な時期を伏せています)に示談しました。今年になって女性から複数回、連絡がありましたが、示談後のことだったことから、互いの弁護士の間で再度協議し、本人同士が直接やり取りしないよう申し合わせました」

出典:文春オンライン

A子さんの親友の告発を受けて、文春編集部がA子さんへ妊娠と中絶の事実確認を行った際、A子さんは

すみません、私がお話しできることはありません

と電話を切り、発言を控えています。A子さんは坂本選手からの過激で非情な性的な要求でも、強く拒まずに受け入れてきた経緯があるので、自分自身が被害者として取材に答えるべきではないと思ったのかもしれません。

坂本選手は独身のため女性と交際すること自体は不貞行為に当たらず、A子さんが坂本選手のモラハラに関して訴えを起こさない以上は、坂本選手が社会的な責任に問われることは無く、巨人も坂本選手をクビにする理由がないのだと考えられます。

ロッテを解雇された清田育宏とノーダメージな坂本勇人の違い

2021年に元ロッテの清田育宏さんが不倫発覚により球団を解雇された出来事は記憶に新しいのはないでしょうか。清田さんと坂本選手を比較して、巨人は坂本選手への対応が甘いのではないか、と言う声もあります。

ではこの2人の違いは何だったのでしょう?

清田は既婚者、坂本は独身

清田さんも坂本選手も、妊娠させた女性に中絶を迫った点については同じです。しかし清田さんが当時既婚者で不倫が発覚したのに対し坂本選手は独身であるという違いがあります。そのため坂本選手がA子さんに対する言動で、どんなに世間をドン引きさせようとも、巨人が坂本選手を解雇する明確な理由は無いと考えられます。

ロッテはイメージ重視、巨人は実績重視

2021年に元ロッテの清田育宏さんが球団を解雇された際、製菓メーカーのロッテがチームのイメージダウンを懸念して厳しい決断を下したことが知られています。

一方で、坂本選手の所属する巨人は、イメージより実績重視だと思われます。

坂本選手の文春砲について、試合でチームに貢献してくれればそれでいい、というファンの声も上がっていますが、巨人は過去に原辰徳監督が女性問題のスキャンダルが発覚した際も、監督を続けた経緯があります。

原辰徳監督の文春砲
・2012年 原監督が過去に不倫発覚を防ぐため元暴力団組員に1億円を支払ったことが報じられた
・巨人は原監督が故意に反社会的勢力へ不当な資金供給をしたわけではないことを主張し、文春を名誉棄損で訴え

・2016年 巨人が敗訴
・原監督はスキャンダル発覚後も2015年まで監督を継続
・2019年に原さんは再度巨人の監督に就任しし2022年現在も継続中

坂本選手の文春砲が小さい出来事に思えるくらいの大騒動だったのですね…。原監督はスキャンダル発覚で処分を受けなかったばかりか、退任後も再度監督に就任しています。巨人はスキャンダルよりも野球の実績を重視しているのかもしれません。

このような経緯から判断しても、坂本選手が今回の文春砲で球団をクビになることは考えにくいですね。

清田は騒動でイメージダウン、坂本は騒動でダメージ少ない

坂本選手の今回の文春砲も衝撃的な内容でしたが、坂本選手の過激な要求を受け入れてきたA子さんや、当事者間で解決した問題を文春に情報提供したA子さんの親友への批判もあり、ネット上では坂本選手への否定的な意見ばかりではありませんでした。


なにより、坂本選手は過去にも女性問題が報じられているので、ファンの中には坂本選手のそんな一面を知った上で応援している方もいるようです。

過去の女性問題
・2017年 坂本選手が宇都宮市のキャバクラ店で、女性を「ブス」「ゴキブリ」呼ばわり

・2018年2月 宮崎市内のキャバクラ店で、坂本選手は接客した女性をホテルに誘い、断られたことに逆上しして女性の肩や太ももに噛みつき怪我を負わせた→550万円で示談成立

他にも隠し子疑惑や女性とのデート写真など諸々…


一方でロッテを解雇された清田さんは2012年に高校時代の同級生と結婚しており、芸能関係者との結婚よりもより一層硬派な印象を与えるので、度重なる不倫が発覚したときのイメージダウンはそれは大きかったのではないでしょうか。

坂本選手と清田さんには、女性問題発覚時の状況に様々な違いがあり、球団側の判断が分かれるのもある意味必然なのかもしれません。

スポンサーリンク



アイキャッチ画像出典:Macrovector – jp.freepik.com によって作成された people ベ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次