MENU

エピソード順ネタバレ|マスクドシンガー2ヴィーナスの正体は後藤真希で確定。

髪の長い女性の横顔のシルエット

マスクドシンガー2の優勝者、ヴィーナスが圧巻の美しさとセクシーさでしたね!パネリストのMIYAVIさんに「踏まれてもいい」と言わしめる女王様キャラ設定と、回を追うごとに見え隠れする素のいじられキャラもまた可愛らしくてギャップがありました。

艶のある歌声に洗練されたダンス、初回のパフォーマンスからプロのアイドルであることを確信させたヴィーナスの正体は、大方の予想通り、元モーニング娘の後藤真希さんでした!

それでは、後藤真希さんを示唆するヒントと、徐々に正解に近づくパネリストの推理を、エピソード順に見ていきましょう!



スポンサーリンク
目次

ヴィーナスのヒント一覧【エピソード順】

ヒント一覧

エピソード1(1stラウンド)
・カメラの前に立つのが大好き
・「まさに美脚のヴィーナスって私のことよね、自分で言うくらいいじゃない」
・レッドカーペット
・半身浴が日課
・Go to the Stage!!

エピソード4(2ndラウンド)
・商店街
・時計(9時9分)
・みんなの中心にいることが私の輝ける理由

エピソード5(3rdラウンド)
・小さいころの夢は歌って踊れる歌手
・夢が現実になってからは、笑ったり泣いたりがむしゃら
・あまりの忙しさにゆっくりご飯を食べる時間すらなかった

エピソード7(4thラウンド)
・目覚まし時計の時刻(9時9分)
・あのころまでの私は普通の女の子
・ある日を境に世界が急変、どこにいても密着カメラが付いてくるし、一人で泣くことすらできなかった
・人生哲学は「ナチュラルな自分」

エピソード8(5thラウンド)
・私が生まれたのは、この星にカリスマという言葉が生まれた、まさにアイドル黄金期
・ミリオンセラー達成
・精神年齢53歳(プロファイリングテストの結果)

エピソード9(Finalラウンド)
・私はアイドル
・人生の転機を迎えたのは1999年

実は放送期間中に身バレしていた

こちらの映像ではヴィーナスのマスクの制作過程やリハーサルのダンス映像など、舞台裏の様子がたっぷり見られるのですが、歌をレコーディングする時の私服が、後藤真希さんのインスタグラムの私服と一致したため、早々に身バレしていたようです。

マスクドシンガーの終盤で、司会の大泉洋さんが体調不良のため出演できなくなってしまうのですが、大泉洋さんがコロナウイルスに感染したのは2022年3月なので、後藤真希さんのこのインスタグラムの投稿はマスクドシンガー収録時期のものであることがわかります。

エピソード1(1stラウンド)

歌唱曲①「HIDE & SEEK」(安室奈美恵)

ダークな曲調で激しく踊りながらもぶれない歌声で、プロの歌手であることをさっそく感じさせるパフォーマンス!
パネリストのperfumeも「うんんま!!」と歓喜、土屋アンナさんも「絶対歌手!」と確信していました。

ヒントとパネリスト予想

ヒント
・カメラの前に立つのが大好き
→2021年(当時36歳)に発売した10年ぶりの写真集を示唆

・「まさに美脚のヴィーナスって私のことよね、自分で言うくらいいじゃない」
→自分で言うくらいいいじゃない、はモー娘デビュー曲「LOVEマシーン」の歌詞を示唆

・半身浴が日課
→後藤真希さんは美しすぎる二児の母として生活習慣を取材されることが多く、半身浴を日課にしていることは有名

・Go to the Stage!!
→ローマ字読みで「ゴトー」。後藤真希の名前を示唆

この時点では特徴的なヒントが少なく、パネリストのみなさんはパフォーマンスからヴィーナスの正体を予想していました!

MIYAVIさん「タイプですね、セクシーですね、椎名林檎さんかな佇まいといい」

児嶋さん「あれだけ踊れてセクシーで色気あって、小嶋陽菜ちゃん。踊れるし」

かしゆかさん「マスクをつけててあれだけ踊れる、大島優子ちゃん。」

ダンスの実力は歴代ハロプロメンバーで2位!

ヴィーナスとして圧巻のパフォーマンスを披露された後藤真希さん、歌だけでなくダンスの実力も素晴らしかったのですが、後藤真希さんの実力は振付師の方も、ハロプロで2番目に上手いと言うほどなんだそうです。

この動画ではモーニング娘やアンジュルムなど、ハロプロ所属歌手の作品を数多く手掛ける振付師、YOSHIKOさんがハロプロのダンスが上手いメンバートップ5を発表していました。

1位 鞘師里保(モーニング娘)
2位 後藤真希(元モーニング娘)
3位 和田彩花
4位 佐々木莉佳子(アンジュルム)
5位 石田亜祐美(モーニング娘。’21)

スポンサーリンク

エピソード4(2ndラウンド)

歌唱曲②「タマシイレボリューション」(superfly)

1stラウンドのようなハイレベルな歌とダンスに加えて、2ndラウンドでは手に持っているステッキで敵を打ちのめし、最後には踏みつけるアクションで女王様キャラが前面に出てきました!エンターテイナーです。

ヒントとパネリスト予想:踏まれたい?女王様キャラ君臨

ヒント
・商店街
→後藤真希さんの出身は、下町(東京都江戸川区)で商店街がある

・時計(9時9分)
→モー娘。「LOVEマシーン」リリース日、1999年9月9日の「9」を強調

・みんなの中心にいることが私の輝ける理由
→後藤真希さんはモー娘。のセンターを務めた

2曲連続でハイレベルな歌と踊りを披露し、パネリストの間でもアイドル歌手であることが確信に変わってきました!

MIYAVIさん「踏まれてもいいっすね。雰囲気というかたしなみ、椎名林檎さん」

かしゆかさん「知念里奈さん。声のみずみずしさ、けどしっかり出る感じ」

あーちゃん「愛と美の女神って言ってた。高橋愛ちゃん。愛ってつく人、モー娘のリーダーでめちゃくちゃ歌唱力ある」

児嶋さん「歌って踊れて麻雀好き、小柳ルミ子
さん」←ヴィーナスの似顔絵になぜかピンフと書かれていたため。

このあたりから、あーちゃんが一気に正体に近づきます。

MIYAVIさんの踏まれてもいい発言に、ヴィーナスは「裏で待ってるから!」とキャラを貫いて見事な返しをしています(笑)こういった気の利いたコメントからも実績のある方の雰囲気があります。

エピソード5(3rdラウンド)

歌唱曲③「be alive」(小柳ゆき)

前回、児嶋さんが予想した小柳ゆきさんの楽曲でした!今回は踊らずに歌をじっくり聞かせるステージで、圧倒的な歌唱力を披露されています。2ndラウンドで地球防衛軍を踏みつけて地球を侵略したことについて「そんなことして良いのだろうか…」と悩んでいる歌だそうです。

気持ちのこもった感動的な歌にはそんなぶっとんだメッセージがあったなんて…!

このあたりから自信あふれるヴィーナスの女王感よりも、後藤さんの素のお茶目さが見え隠れし、スタジオの大泉さんやザキヤマさんにいじられることになります(笑)

ヒントとパネリスト予想:素が出始める後藤さん

ヒント
・小さいころの夢は歌って踊れる歌手、夢が現実になってからは、笑ったり泣いたりがむしゃら
→アイドル歌手であることを示唆

・あまりの忙しさにゆっくりご飯を食べる時間すらなかった
→歌手時代に相当な売れっ子であったことを示唆


あーちゃん「高音の突き抜けたときの、息の混ざる抜け感、後藤真希さん」

かしゆかさん「紫吹淳さん、マスクが紫のことに意味あるんじゃないかな」

小林幸子さん「ウイカちゃん(ファーストサマー)とっても歌うまい人、スタイルもいいし、あんましゃべらないと目で訴えるというかそういう色気がある」

ザキヤマさん「大泉さんとの絡みを見ると往年のリアクション、(腰に手を当てて)こら!とか若い世代がやらないんじゃないか。森口博子さん、バラエティもできて歌もうまくて」

あーちゃんが早くも正解にたどり着きました!往年のリアクションになるほど~となったパネリストに「納得しないでみなさ~ん💦」と徐々に素の愛嬌が出る後藤さんでした。

スポンサーリンク

エピソード7(4thラウンド)

歌唱曲④「Time goes by」(Every Little Thing)

しっとりと歌い上げ、切ない恋模様を隊長(ダンサー)とのダンスで表現しています。歌・踊りだけでなく演技力まで素晴らしすぎです。マスクドシンガーで後藤さんファンが増えたのではないでしょうか!

ヒントとパネリスト予想:自由すぎる子なヴィーナス

ヒント
・目覚まし時計の時刻(9時9分)
→1stラウンドに引き続き「LOVEマシーン」の発売日1999年9月9日の「9」を強調

・あのころまでの私は普通の女の子、ある日を境に世界が急変、どこにいても密着カメラが付いてくるし、一人で泣くことすらできなかった
→3rdラウンドに引き続き売れっ子アイドルであることを示唆

・人生哲学は「ナチュラルな自分」
→モー娘。時代にナチュラル過ぎて番組スタッフから注意された裏話を告白

のっちさん「相当な売れっ子、ナチュラルな自分のエピソード聞いてると前田敦子さん」

あーちゃん「歌声きいてたらごまき(後藤真希)にしか聞こえない。隠しきれないハロプロさん独特の仕草があるんですよ」

土屋アンナさん「この曲に関しては、高音のとこだけSPEEDっぽい、島袋(寛子)さん」

森崎さん「バラエティ、家が散らかる、北海道の北見市出身、菊地亜美ちゃん」

あーちゃんはもう確信してますね。ごまきと言われたヴィーナス、言い当てられて「うふふ♪」と嬉しそうに笑っちゃうし、菊地亜美ちゃんと言われて「菊地亜美ちゃんではございま~せんっ」と言っちゃうし自由すぎる(笑)

エピソード8(5thラウンド)

歌唱曲⑤「Rule」(浜崎あゆみ)

ふたたびここで激しいダンスを披露!パフォーマンス後は息も絶え絶えの全力のパフォーマンスです。スタジオのパネリストもヴィーナスのクオリティには信頼感抜群で、もはやじっくり静かに見入っていました。

ヒントとパネリスト予想:安室ちゃん世代

ヒント
・私が生まれたのは、この星にカリスマという言葉が生まれた、まさにアイドル黄金期
→アイドルであることを断言

・ミリオンセラー達成

・精神年齢53歳(プロファイリングテストの結果)

終盤になり、ミリオンセラーを達成したアイドルであることを明言しました!かなり絞られてきましたね。

土屋アンナさん「松浦亜弥さん」

あーちゃん「ここまで踊れる安室ちゃん世代、SPEEDのヒロ(島袋 寛子)さん」

のっちさん「ミリオンセラーを出すアイドルグループのセンター、パワフルな感じも大島優子ちゃん」

MIYAVIさん「歌の語尾のニュアンスの付け方が絶妙、安室ちゃん『世代』じゃなくてもろ安室ちゃん

土屋アンナさんは精神年齢の高さから松浦亜弥さんだと予想したそうです。

スポンサーリンク

エピソード9(Finalラウンド)

歌唱曲⑥「Go! Go! Heaven」(SPEED)

この曲を選んだ理由は、初めてCDを買った思い出の曲だからだそうです。本当に大好きな曲なのが伝わってくるような、プラスのエネルギーがあふれ出すパフォーマンスです!

ヴィーナスの目線がこれまで以上にお客さんに注がれて、会場を巻き込んで一体となる空気感が最高すぎます。

ヒントとパネリスト最終予想

ヒント
・私はアイドル
・人生の転機を迎えたのは1999年

最後のパネリスト予想は割れました。
あーちゃん「めちゃくちゃ同世代。SPEEDさんの曲歌ってくれてご本人かと思ったけど声が違うわ。後藤真希

かしゆかさん「1999年、LOVEマシーン、モー娘。安倍なつみさん?」

のっちさん「大島優子

ざきやまさん「宇宙を感じさせる世界観、旦那が杉浦太陽、辻(希美)ちゃん」

滝沢カレンさん「2代目引田天功さん」

MIYAVIさん「松浦亜弥さんか安倍なつみさん」

森本「藤本美貴さん」

ヴィーナスの正体は後藤真希で確定

ヴィーナスの正体は、あーちゃんの予想通り後藤真希さんでした。実力者揃いのマスクドシンガー2で優勝したヴィーナス、後藤さんの思いが自身のインスタにたっぷり綴られています。


モーニング娘の活動中に、寝る間を惜しんで機械のように頑張る日々を過ごしていた後藤さん。マスクドシンガー2でもプレッシャーを感じながら短期間にたくさんの曲を準備していく中で、何かに熱中し覚えることの喜びや嬉しさを感じていたことをエンドロールで語っています。

関連記事
エピソード順ネタバレ|マスクドシンガー2アンブレラの正体はアンミカで確定。



アイキャッチ画像出典:Freepik – jp.freepik.com によって作成された woman ベクトル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次